2017年5月30日火曜日

中日新聞の記事に載ったこともありました。

画像をクリックすると大きく見られます
中日新聞の「ゆうかんさろん」の記事に載ったことが有ります。
理科離れを防ぎたい。もっと実験をしようと呼びかけ 「科学は楽しいおもしろい」をキャッチフレーズに、出前実験をしたり独自な実験器を考案し、商品化までしてネット通販もしている。寝ても覚めても教材の研究の事で頭がいっぱいです。
夏が近づいて走馬灯製作キットの注文が毎日のように入り、分子模型関係もオリジナルな商品の注文が多く入っています。

2017年5月24日水曜日

学研の図鑑・科学の実験に掲載されたことが有ります。

アルカルパ(アルソミトラ種模型) AL-2050
アルカルパ(アルソミトラ種模型) は2009,3,6発刊「学研の図鑑・科学の実験」に資料提供して図鑑に掲載されました。アルソミトラの種の説明資料と現物を提供させて頂きました画像はアルソミトラの模型です。発泡スチロールの薄切りは翼と呼び赤と青色の物は種です。両面テープが張り付けてありますので翼に張り付けるだけの物です。 「アルカルパ」メイトウサイエンスの商品名です。

アルソミトラの種標本
アルカルパ(アルソミトラ種模型) AL-2050、50枚入り¥2,000 送料別

インドネシアの高山に自生する植物で翼のついた種では世界一の大きいと植われています。飛び方がユニークで体育館の二階から飛ばして子供さん達に捕らせるととても盛り上がりますよ。
「科学は楽しいおもしろい」ですよ。

 

2017年5月2日火曜日

「マツコの知らない世界」に出したいくらいですよ。走馬灯製作キット

 
これ程多くの機種のある走馬灯キットはなかなかありません。ただしキット品ですので絵はご自分で描いていただきます。 「マツコの知らない世界」に紹介したいくらいに思っていますがしかし、今現在でも注文殺到で忙しいのにこれ以上の注文はお断りです。いろいろな方がいらして特注も増えています。納期もかかっています。夏場に入ると納期が一か月かかることも有ります。子供さんの夏休みの宿題ではそんなことも言ってられません。何とか間に合わせています。
詳しい機種はメイトウサイエンスのHPをご覧ください。

勝手なことを申しますが大人の方や趣味などで入手されたい方は出来るだけ早めか、秋になってからの発注をお願いいたします。

価格は1480円から13800円で9機種ほどございます。新機種も試作中なのでお楽しみ下さい。

2017年5月1日月曜日

コスモスの絵はこんな感じです。 (参考例) 走馬灯製作キットの絵です。


走馬灯は絵が命と何度も申しあげていますが。そもそも走馬灯に映る画像はぼんやりと見えるものなのです。鮮明な画像を期待される方には向きません。ボンヤリと映るのが走馬灯なんです。しかし原画は くっきりと鮮明に描いてください。鮮明に描かないと光の拡散作用で画像がぼやけてしまいます。原画の大きさは横252㎜縦110㎜(SM-200の場合)素敵な画像を描かれて喜んでいらっしゃる方もたくさんおられます。
こんなものかと諦めずに頑張って描いてください。
走馬灯製作キット SM-200 ¥2,880 その他にも各種の機種がございます。